動いて!動いて!動いて!!

マインド

セッションを通して、「動きたいように動けるカラダ」づくりをサポートし、「なりたい自分」になり、楽しくワクワクした日々へナビゲートするパーソナルトレーナーの小林裕矢です。

現在は、都内整形外科にてアスレティックトレーナーとして運動指導を行っています。

前回の投稿に引き続き、今回もカラダやトレーニングに関することではなく、

自分が感じたことを書きます。

さて、皆さんは新しいことを始めるとき、どちらのタイプですか?

A.色々想定されることを考えて、それが解決できたら動く

B.ある程度考えたら、とりあえず動いてみて、その後考える

自分は、今までは断然Aでした。

リスクを軽減するためには、Aも必要なことかも知れませんが、

それだけでは何も変わりません。

自分は今少しずつBになってきて、日々が楽しくなってきました。

知覚動考

この言葉を皆さんご存知ですか?

知っている方も多いと思いますが、自分は2,3ヶ月前に知りました。

それを知ったときの自分に、必要な言葉でした。

仏教や禅の言葉で、
「知って覚えて動いて考える」という意味です。

多くの人は、

① 物事を知って
② 覚える
③ この後に考えてしまい、立ち止まって考えて
④ その後に、動こうとします

これは、「知覚考動」という順番になる。

たいていこの場合、やらないで先送りになる。

最初の一歩を躊躇し、なかなか踏み出せない人は、始める前にあれこれ考えすぎることが多い。

まさに、3ヶ月前までの自分はこれだった。

完璧主義とでも言うのでしょう。

しかし、この世に完璧なものはない。それを求めてもきりがない。

「知覚動考」を別の読み方をすると

【知:とも覚:かく動:うご(く)考:こう】

「とも・かく・うご・こう」なんです。

オー!!と思っちゃいました。

動けば何かが変わる

無闇に動けというわけではないですが、

悩んでいても何も変わらないということだけはわかりました。

前回の投稿でも書いたように、

外で仕事を作ろうと思い、色々と動いていると

今新しく始めたことをたまたま見つけたのです。

この先、自分の目的へと繋がるステップになることも感じられました。

これはとりあえず動いた結果、その場所をみつけた。

そして、動いて始めたことによって、自分に足りないものが見えてきた。

まとめ

色々な状況を想定して考えることも必要

現時点で足りないと思うことを求めるのも必要

これが間違っているということではなく、よく考えてみてください。

想定している状況は果たしてくるのでしょうか。

足りないものはいつ満たされるのでしょうか。

これは全て自分の中で考えていること・感じていることではないでしょうか。

自分ではなく、外へ目を向けてみると、そうではないかもしれない。

それは、やってみなければわかりません。

だから、1歩先に成長するためには、行動が重要なんです。そして、変わるためには。

自分が信頼する人から言われてきたことが、

やっと今、分かり始めてきました。

これからは動いて、動いて

楽しい・ワクワクした日々を過ごすぞ~!!

動きたいように動けるカラダを手にし、楽しくワクワクした毎日へ行きたい人。

さあ、一緒にトレーニングを始めましょう。

なりたい自分へのONE STEPです!!

それでは楽しく、ワクワクした1日でありますように。

小林裕矢

※なりたい自分へ向かう1歩を踏み出してみませんか。

パーソナルトレーニングに興味を持った方は、下記のコメント欄にご記入の上、お問い合わせ下さい。