トレーニングや治療の効果を持続させるために必要なこと【日常生活の動きに目を向ける】

パーソナルトレーニング

こんにちは、ONE STEPの小林です。

久しぶりの投稿になります。

トレーニングの効果を持続させるためにはどうすればいいの?
治療の効果を持続させるためにはどうすればいいの?

本日は、そのような疑問にお答えする内容になっています。

トレーニングや治療を続けていて、中々効果が持続させられない人にオススメの記事です。

まず、日常生活の動きに目を向ける

これは、どういうことかと言いますと、以前に以下のような記事を投稿しています。

【必読】ホームエクササイズの大切さ

この記事の中では、ホームエクササイズ、つまり宿題の大切さを伝えています。

トレーニング後から次回のトレーニングまでの過ごし方の重要性を書きました。

ここで言いたいのも同じことです。

私たちの生活は、宿題も含めてエクササイズしている時間よりもしていない時間の方が長い。

言われなくてもわかるって感じですよね。

その何気ない日常生活の動きにおいて、カラダをどう使っているかに少しづつ目を向けていくことが

効果を持続させるための1歩です。

「何気ない動作」なので最初は難しいかもしれませんが、ちょっとずつでいいので目を向けてみることが大切です。

明日からちょっとやってみましょう。

日常生活の動きをエクササイズに

姿勢やカラダの使い方は、すぐに身につくものではありません。

だから、普段の動きに目を向けること、エクササイズを行うことが必要なんです。

そうすることで、エクササイズを通じて、正しいカラダの使い方を身につけてもらいたいです。

正しいカラダの使い方を身につけることで、日常生活の動きが変わり、その動きを続けることで効果を持続させることがエクササイズとなります。

ちょっと考えてみてください。

脚を細くしたい人が、下半身のトレーニングや日常生活において太腿の前ばかり使っているとどうですか?

良いトレーニングをしたとしても、多くの時間を過ごしている日常で太ももの前ばかり使っていると変化は小さいかもしれませんよね。

だから、日常生活の動きを変える、それ自体もエクササイズとなるようにカラダの使い方を身につけることが必要なんです。

この例えは、腰痛に悩んでいる方にも当てはまります。

まとめ

どんなに良いトレーニングをしても、それだけではダメなんです。

日常生活の動きがエクササイズとなるように、カラダの使い方を身につけることが必要なんです。

 

トレーニングをしている期間だけではなく、その後も人生は続いていくので、カラダを良い状態に保ち続けなければいけません。

そのために自分のカラダに目を向け、向き合うことが必要です。

痛みや不調がなくても、ダイエットをしていなくても常日頃から、唯一無二の自分のカラダと向き合うことは充実した人生を過ごすうえでは大切です。

自分のカラダとしっかり向き合っていきましょう!!

ONE STEPについて詳しく知りたい方は下のボタンをクリック👇

ONE STEPのプログラムを確認したい方は下のボタンをクリック👇

体験の申し込み、体験の流れや持ち物などについて確認したい方は下をクリック👇