パーソナルセッションで大切にしていること②【カラダをコントロールする】

パーソナルトレーニング

セッションを通して、

自分のカラダと向き合い、「自分にとって」の動きやすいカラダを見つけ、

そのカラダを手にして、ワクワクした日々を過ごすためのサポートをしています。

パーソナルトレーナーの小林裕矢です。

 

千葉県八千代市の施設にて、パーソナルトレーニング指導を行っています。

 

自分のセッションでは、

「動きたいように動けるカラダ、動きやすいカラダ」づくりをサポートしています。

前回の続きで、パーソナルセッションで大切にしていることについて書きます。

 

その2つ目

「カラダをコントロールする」

です

コントロールするとは

このタイトルで以前、詳しく書いているので下記も参照してください。

【痛みに悩まされている方必見】自分のカラダをコントロールするとは?

コントロールする=操作する、扱う

つまり、ここで言う

「自分のカラダをコントロールする」は、

「動きたいように自分のカラダを動かす」ということです。

 

我々は動きます。

各部位が状態良好でも、

「動作」のなかでそれらが統合して上手く機能しなければ

痛みが出る、思うように動けないなどの不調が出てきます。

では、どうすればよいのかなぁ~

 

自分のカラダをコントロールするにはどうすればよい?

前回の記事で、「自分のカラダを知る」ことの大切さを伝えました。(記事はこちら

コントロールする上で、「自分のカラダを知る」ことは重要です。

動作の中で、

ある動きを行った際、

この動かし方だと痛みがあるけど、この動かし方だと痛みが減る、ないという2つのカラダの動きがあります。

この時点で、この動きに対して

2つのカラダの動かした方が選択できるということです。

 

この場合、痛みがない動かし方を現時点では選択しなければならないことは分かると思います。

 

選択して動かすことも「コントロールする」ことになります。

 

「自分のカラダを知る=自分のカラダが感じていることを受け取る」ということが

コントロールして動かすことには必要で、

使うべきところが反応しているか、

無駄な力が働いていないか、

楽に動かせているか、

といったことを感じながら、

動かすことが「コントロールする」ことだと自分は考えています。

 

まとめ

まとめ

カラダが感じているものを受け取り、

気持ちよくカラダを動かせることがカラダをコントロールできているといえる

 

カラダを動かしてみましょう。

カラダを動かしてみなければ、感じるものも感じません。

 

あなたのそのカラダは、唯一無二のものです。

そのカラダを痛みなく、動きたいように動けるカラダへ

 

さぁ、一緒にそのカラダを手に入れましょう。

治療院や整形外科での指導経験もありますので、痛みのある方でも大丈夫です。

私のパーソナルトレーニングに興味を持った方は、下記のお問い合わせフォームへ!!

 

動きたいように動けるカラダを手にし、

やりたいことができ、ワクワクした楽しい日々を送りましょう。

 

それでは、楽しく、ワクワクした1日でありますように。

小林裕矢

前の記事  次の記事

※なりたい自分へ向かう1歩を踏み出してみませんか。

・パーソナルトレーニングに興味を持った方は、下記のお問い合わせフォームにご記入の上、お問い合わせ下さい。

お問い合わせ