自分のカラダの感覚を磨く

パーソナルトレーニング

セッションを通して、「動きたいように動けるカラダ」づくりをサポートし、「なりたい自分」になり、楽しくワクワクした日々へナビゲートするパーソナルトレーナーの小林裕矢です。

現在は、都内整形外科にてアスレティックトレーナーとして運動指導を行っています。

前回の投稿で

自分のカラダをコントロールするとは?

「自分のカラダをコントロールする」ことについて書きました。

何となくイメージできましたでしょうか。

コントロールするには、「自分のカラダ」を知ることが大切です。

カラダの評価をしてもらうこともその1つで必要なことですが、

自分がセッションを通して大切にしていることは、

自分のカラダの感覚を磨く、自分のカラダと向き合ってもらうことです。

自分のカラダを知る

何かをコントロールする場合、その「何か」がどういうものかを知ることが必要ですよね。

カラダも一緒で、自分のカラダがどういう状態かをしる必要があります。

カラダを評価して、今のカラダの状態を知ることが最初ですね。

そして、自分のカラダをコントロールする上で、

大切なことは

自分のカラダの感覚を磨くことです

どんな動きでも、その動きの中で自分がどう感じているか、

その動きが楽なのか、苦しいのかなど

自分が感じている感覚を知るということです。

カラダと向き合うことで、自分のカラダを知ることができる

セッションでは、動きに対するキューイングだけではなく、その動きにおいて色々と

聞くようにしています。

・どの部位を使っている感じがするのか

・立っている感じは楽か、苦しいか

・この動きは楽か、難しいか

・今の動きは分かるか分からないかなど

色々と質問するので、身体も疲れるが頭も疲れるみたいです

そうすることで、自分のカラダと向き合うことができます。

向き合わなければ、知ることもできません。

まとめ

自分のカラダを知ることはとても大切です。

そのカラダは、一生付き合っていく唯一のカラダです。

自分のカラダとしっかり向き合いましょう、

自分のカラダが感じている感覚をしっかり受け取りましょう

そうすることで、快適な自分のカラダを手に入れていくことができます。

それが

動きたいように動けるカラダを手にし、なりたい自分へのONE STEPです!!

それでは楽しく、ワクワクした1日でありますように。

小林裕矢

 

※なりたい自分へ向かう1歩を踏み出してみませんか。

パーソナルトレーニングに興味を持った方は、下記のお問い合わせフォームにご記入の上、お問い合わせ下さい。

お問い合わせ