動きやすいカラダになるとは?【パート②】

マインド

セッションを通して、自分のカラダと向き合い、「自分にとって」の動きやすいカラダを見つけ、

そのカラダを手にするためのサポートを行っています。

パーソナルトレーナーの小林裕矢です。

 

千葉県八千代市の施設にて、パーソナルトレーニング指導行っています。

 

前回の投稿で、「動きやすくなるとはどういうことか」について書きました(記事はこちら

今日は、前回の投稿の中でも出てきた

”ストレスフリーになるとは”について書きます。

 

ストレスフリーとは

「ストレスフリー」という言葉から考えてみましょう。

「ストレスフリー」という言葉自体は広辞苑などには記載されていないようで、

ネットで検索してみると以下のような説明がありました。

ストレス‐フリー(stress-free)

[名・形動]ストレスがないこと。精神的緊張や体の不調がなく、穏やかであること。「ストレスフリーな生活」

ーコトバンク、デジタル大辞泉より引用ー

ここでも記されているように

”精神=ココロ”、”体=カラダ”に緊張や不調がないこととなっています。

「穏やかであること」という表現、良いですね!!

 

ストレスフリーな状態とは

“ストレスフリー”という言葉のが分かりましたね。

そうすると、もうストレスフリーな状態って想像できるのではないでしょうか。

 

では、前回の投稿でも書きました「動きにくいカラダ」から一例で考えてみましょう。

 

「動きにくいカラダ」から「動きやすいカラダ」への一例

動きにくい、動きたいように動けない

何故?

→ 痛みがある

→ 原因は怪我をしている、慢性的な痛みがある、手術後など

痛みがあると、動きに制限がある、

痛みがあると痛いから動きたくなくなる

痛みが取れれば怪我が完治すれば動ける、動きやすくなる

 

こんな気持ちになるのではないでしょうか。

一番最後の部分が、この場合の「ストレスフリーな状態」ということになります。

そして、この「ストレスフリーな状態」になるためのツールは色々あります。

 

何を選択するかは、皆さんの自由です。

 

私のパーソナルでは、”運動・トレーニング(たまに手技・治療)”を使って

皆さんの”ココロとカラダ”を、皆さんにとってストレスフリーな状態へナビゲートします。

 

まとめ

まとめ

ストレスフリーな状態を作れる場所を見つける

 

自分のための癒しの場所、元気になる場所、パワーをもらう場所を見つける

つまり、ココロとカラダを元気にしてくれるかかりつけの場所を見つけましょうということです。

 

ココロやカラダが辛くなる前に

そのような場所でリセットして、ココロとカラダをストレスフリーにすることが

楽しく毎日を過ごす上でも必要だと思います。

 

皆さん、一緒にストレスフリーな時間を過ごし、

動きやすいカラダを手に入れてみませんか?

 

動きたいように動けるカラダを手にすることが、なりたい自分へのONE STEPです!!

 

次回は、「動きやすいカラダになると良いこと」について書きます。お楽しみに!!

 

それでは楽しく、ワクワクした1日でありますように。

小林裕矢

前の記事     次の記事

 

※なりたい自分へ向かう1歩を踏み出してみませんか。

・パーソナルトレーニングに興味を持った方は、下記のお問い合わせフォームにご記入の上、お問い合わせ下さい。

お問い合わせ