【腰痛・肩こりの方へ】悪い姿勢だから痛みが出るのではありません

カラダの構造

セッションを通して、

自分のカラダと向き合い、「自分にとって」の動きやすいカラダを見つけ、

そのカラダを手にして、ワクワクした日々を過ごすためのサポートをしています。

パーソナルトレーナーの小林裕矢です。

 

千葉県八千代市の施設にて、パーソナルトレーニング指導を行っています。

(主な活動場所は八千代緑ヶ丘のボディデザイン:HPはこちら

※レッスン場所は2号店になります:アクセスはこちら

 

姿勢を気にする人は多いと思います。

悪い姿勢の代表的なものとしては、”猫背”。

では、猫背の人が果たしてカラダの痛みなどの不調を必ず訴えていますか?

果たしてそうでしょうか?

よく考えてみて下さい。

中には、訴えるほどの痛みではない場合もありますよね。

それも含めて、全員がそうではないと思います。

それはなぜか?

今日は、それについて書いていきます。

 

悪い姿勢が痛みを引き起こす原因

悪い姿勢が痛みを引き起こす原因は

悪い姿勢から抜け出せないからです

 

姿勢が悪いから、痛みが出ていると言われた事があると思います。

姿勢が悪いことも1つの原因かもしれませんが、

多くは上記が原因だと思います。

 

これはどういうことかと言うと、

猫背を例に取って見ると、

 

「猫背の姿勢でしか居ることが出来ないということ」

つまり、

同じ姿勢でずっと居て、そこから抜け出すことができない

 

同じ姿勢で居続けると、

カラダの同じ場所(筋肉など)に負荷がかかり続け、

硬くなってしまう

硬くなってしまった部分を動かすのに、必要な力が大きくなります

それによって、他の部分に必要以上の力がかかり

痛みとなって出てきます。

 

では、どうすれば良いのかと言うと、

自分の姿勢の選択肢を増やす

つまり、

色々な姿勢を取るということ

 

緊張から解放されたときに力が抜けて、猫背になることもあると思います。

そのままでなければ、OK。

 

また、姿勢が悪いから、姿勢を良くしようとカラダを緊張させます。

それがかえって、痛みを引き起こす原因になるかもしれません。

まずは、カラダの緊張を感じ始めたら、姿勢を変えることからやってみてください。

 

その際の注意点として、下記を参照してください。

痛みを引き起こさないための注意点

・長い時間同じ姿勢でいない

・頑張って姿勢を維持しない

 

まとめ

今回は、必ずしも「悪い姿勢=痛みの原因」ではないことについて書きました。

悪い姿勢=痛みの原因ではなく、

その姿勢から抜け出し、

色々な姿勢を取れることが必要です

周りの人から、「姿勢良いね~」と言われるような

きれいな姿勢で居ることも必要だとも思いますが、

まずは痛みを引き起こさないようにしましょう。

 

自分は姿勢改善のトレーニングも得意としています。

また、カラダが楽になるトレーニングも得意です。

 

私のパーソナルトレーニングに興味を持った方は、下記のお問い合わせフォームへ!!

普段は八千代緑ヶ丘のボディデザインというジムで活動しています。

ボディデザインでのトレーニングのご予約はこちら

※ブログを見てご予約して頂ける時は、

「小林のブログ見て」と伝えて頂けるとうれしいです。

※レッスン場所は2号店になります:アクセスはこちら

 

カラダを良い状態に保ち、

動けるカラダを手にすることが、

あなたが求める自分へのONE STEPです!!

 

それでは楽しく、ワクワクした1日でありますように。

小林裕矢

前の記事  次の記事

 

※なりたい自分へ向かう1歩を踏み出してみませんか。

・パーソナルトレーニングに興味を持った方は、下記のお問い合わせフォームにご記入の上、お問い合わせ下さい。

お問い合わせ